NEEDS/OPINION ニーズ・課題

ESG投資では、機関投資家は、企業の財務情報だけでなく、以下のような取組や成果などを考慮して、投資判断を行っています。

  • 気候変動
    地球温暖化、二酸化炭素排出、エネルギー効率化、環境汚染
    自然資源
    水資源、責任ある原材料調達、土地利用、生物多様性
    環境市場機会
    クリーンテクノロジー、再生可能エネルギー
  • 人的資本
    労働管理、女性活躍推進、ダイバーシティ推進、人的資源開発
    健康と安全、人権
    製品安全、品質管理、プライバシー&データセキュリティ
    事業運営に関わる他者への配慮
    サプライヤーへの配慮、地域コミュニティーへの配慮
  • コーポレートガバナンス
    監督と執行の分離
    取締役会の構成(社外取締役の活用等)
    企業行動
    企業倫理が社会への貢献等に資する
    偽装・改ざん、汚職等の実績がない
    公正な競争を促進している