どこでフィンテックは生まれたの?どういった背景でいつ生まれたの? ~フィンテックの豆知識シリーズ~

都民ニーズ解決部門

フィンテックの豆知識
その②:どこでフィンテックは生まれたの?どういった背景でいつ生まれたの?

フィンテックが誕生したきっかけは、アメリカで起こったリーマン・ショック(※)です。
※リーマン・ショック:2008年9月15日に、アメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破綻したことに端を発して、続発的に世界的金融危機が発生した事象を総括的に呼ぶ
リーマン・ショックを契機に、欧米の金融機関から優秀な金融人材が一気に市場に流出し、ITベンチャー等に流入、あるいは自らベンチャーを創業することで、
金融とテクノロジーの融合が進み、新しい金融サービスを提供するフィンテックベンチャー企業が誕生した、というのが定説です。

出所:「Fintech ビジョン」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/data/pdf/20170508001_1.pdf)によりアクセンチュア作成

東京金融賞とは?概要はこちらをご覧ください。

「都民ニーズ解決部門」
皆さまの日頃の金融サービスに係る課題やニーズをぜひお聞かせください。

募集期間:2018年7月27日(金)14:00 ~2018年8月27日(月) 23:59
皆さまの貴重なお意見を是非お聞かせください。応募はこちらまで。