ESG投資ってどうやって行われているの?~ESGの豆知識シリーズ~

ESG投資部門

ESGの豆知識
その④:ESG投資ってどうやって行われているの?

ESG投資ってどうやって行われているの?

前回の「その③:誰がESG投資を実施しているの?」では、ESG投資は機関投資家や運用会社等によって行われているとお話しました。
ESG投資は、実践しようとする投資家の試行錯誤によって草の根的に発展してきたため、様々なアプローチがあります。
投資家は企業に対し、積極的にESG(環境・社会・ガバナンス)分野の課題について取り組むよう働きかけを行います。
また、ESGの観点から評価の高い業種・企業に積極的に投資を行う手法(ポジティブ・スクリーニング)や、倫理的・社会的責任の観点において不適切である特定の業種、ある特定のテーマ(動物実験など)に関連する企業群、あるいは個別企業を投資対象から除外する手法(ネガティブ・スクリーニング)等を用い投資を行います。

出所:「平成27年度事業:資本市場における女性の活躍状況の「見える化」と女性活躍情報を中心とした非財務情報の投資における活用状況に関する調査報告書」(内閣府)
(http://www.gender.go.jp/policy/mieruka/company/pdf/160331_03.pdf)によりアクセンチュア作成



東京金融賞とは?概要はこちらをご覧ください。

「ESG投資部門」
皆さまの日頃のESG投資に関するニーズやご意見をぜひお聞かせください。

ESG投資例について、もっと詳しく知りたい!という方はこちらまで。

募集期間:2018年7月27日(金)14:00 ~2018年8月27日(月) 23:59
皆さまの貴重なお意見を是非お聞かせください。応募はこちらまで。