ARCHIVE 2018 アーカイブ 2018




都民のニーズ・課題

都民の皆様に、日々の生活を送る中で、環境・社会・ガバナンスの各分野において、関心があるもの、解決して欲しいと思うESG投資に関連する社会課題を選択頂いたところ
1位 気候変動(例:地球温暖化、異常気象、持続可能な環境づくり、二酸化炭素排出)
2位 人的資本(例:労働管理、女性活躍推進、ダイバーシティ推進、人的資源開発)
3位 自然資源(例:事前破壊、水資源、土地利用、生物多様性、資源の活用)
の順に多い結果となりました。

応募国数・応募者数

「ESG投資部門」では、10の国・地域、40事業者からご応募いただきました。

受賞企業概要・表彰式の様子

受賞企業概要

企業名主なESG投資の普及活動
Neuberger Berman East Asia LTD.
  • 80年近くに及ぶESG投資の実績。
  • ESGエンゲージメントの対象になりにくい未公開企業、株式・債券の運用において幅広くエンゲージメントを実施。
  • PRI(責任投資原則)や米国サステナビリティ会計基準審議会との連携など、ESG投資の普及と透明性の向上に尽力。
Robeco Japan Company LTD.
  • グループ会社のRobecoSAMは、世界4,600社以上のサステナビリティ評価を毎年実施するとともに、米国S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社と提携し、ESG投資の指標として世界的に有名な「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」を開発。
  • アクティブ・オーナーシップ・チームによる、運用チームやRobecoSAMのリサーチチームと連携したエンゲージメントと議決権行使。
SOMPOホールディングス株式会社
  • 東南アジアにおける「天候インデックス保険」や、地方自治体向けの「防災・減災費用保険」の提供といったESG関連保険のユニークさ。
  • 気候変動や環境などに係る国際会議への参画等を通じ、ESG投資の普及に資する活動を実施。
三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
  • 東証一部上場企業の時価総額カバー率90%のエンゲージメントを達成。
  • 海洋汚染・プラスティック問題に関するエンゲージメントに注力し、生物多様性ファンドの商品も提供。

表彰式の様子

提供: 東京都知事小池百合子の活動レポートFacebook
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/index.html?fbclid=IwAR0Ux5oypT8Fng4_y0FX5J2DI2m1tLhYscAiL2IncbczJCO_L-YybmkmC5M