EVALUATION METHOD・PROGRESS 審査方法・審査経過

審査方法

応募書類を基に審査会を実施し、特に優れた金融事業者3者程度の発表・表彰式を実施する予定です。

審査の観点

都民の皆さまから寄せられたESG投資に関するニーズやご意見を踏まえ、審査会ではESG投資活動やESG投資普及への貢献等の観点から審査します。応募対象としては、機関投資家、運用会社等、投資を行っている事業者だけでなく、格付機関や金融系のサービスプロバイダー等も想定しています。

応募後のプロセス

最終審査・審査結果

企業名主なESG投資の普及活動
Neuberger Berman
East Asia LTD.
ž  80年近くに及ぶESG投資の実績。

ž  ESGエンゲージメントの対象になりにくい未公開企業、株式・債券の運用において幅広くエンゲージメントを実施。

ž  PRI(責任投資原則)や米国サステナビリティ会計基準審議会との連携など、ESG投資の普及と透明性の向上に尽力。

Robeco Japan
Company LTD.
ž  グループ会社のRobecoSAMは、世界4,600社以上のサステナビリティ評価を毎年実施するとともに、米国S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社と提携し、ESG投資の指標として世界的に有名な「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」を開発。

ž  アクティブ・オーナーシップ・チームによる、運用チームやRobecoSAMのリサーチチームと連携したエンゲージメントと議決権行使。

SOMPO

ホールディングス

株式会社

ž  東南アジアにおける「天候インデックス保険」や、地方自治体向けの「防災・減災費用保険」の提供といったESG関連保険のユニークさ。

ž  気候変動や環境などに係る国際会議への参画等を通じ、ESG投資の普及に資する活動を実施。

三井住友トラスト・

アセットマネジメント

株式会社

ž  東証一部上場企業の時価総額カバー率90%のエンゲージメントを達成。

ž  海洋汚染・プラスティック問題に関するエンゲージメントに注力し、生物多様性ファンドの商品も提供。

表彰式への申し込みはこちらから